「折々のことば」の担当記者に聞く「ちょい読み」│「ちょい読み」から楽しむ│朝日新聞

ことば 折々 の ことば 折々 の

でも別に反応して行動する必要はない」と思われますし、「この人はいま幸福でないからあんなことをしたのだ」と思えますから、その人に対して思いやりをもち微笑むことができます。 苦境そのものよりも、むしろ思い煩うことの弊害のほうが大きいのであろう。 沿線の地域開発により人口が増加し、その住民の需要を満たすために住宅団地を開発するなど、日本の私鉄経営モデルの祖としても知られている。

17
とも言っているが、少しも障害のない体でいることが、不自由がなくても、あるいは不自由がないがゆえに、かえって不幸であることもあるのであろう。

「折々のことば」の担当記者に聞く「ちょい読み」│「ちょい読み」から楽しむ│朝日新聞

ことば 折々 の ことば 折々 の

そういう実践は、同時に、まわりの人びとへの優しさでもあります。

10
しかし、やがて、彼女は悟るようになる。 そのとき知盛は、「見るべき程の事は見つ。

哲学者・鷲田清一 [折々のことば]

ことば 折々 の ことば 折々 の

ただ、不愉快に服役すると 欣然として服役するとの相違あるのみ。 その彼が口に絵筆をくわえて美しい草花の絵を描くようになり、それに詩を書き添えて何冊もの詩画集を世に出した。

ある一つの事について、どうしてもその人でなければならないという人間になることだ」とも言っている。

哲学者・鷲田清一 [折々のことば]

ことば 折々 の ことば 折々 の

かつて新渡戸稲造は『武士道』のなかで、この毛利氏との戦いに敗れていく山中鹿之助の姿をつぎのように描いた。

7
「憂き事のなほこの上に積れかし、限りある身の力ためさん。 その彼女が、「わたしのしをよむすべての人たちに わたしがたちなおったように あきらめずにいきて」とこの詩の読者に呼びかけている。

「折々のことば」の担当記者に聞く「ちょい読み」│「ちょい読み」から楽しむ│朝日新聞

ことば 折々 の ことば 折々 の

その時にベニス公が、デズデモーナの意志を確認した上で父親に諭して言ったのがこのことばである。 それは思い煩う者の魂を委縮させ、生命力さえ弱めてしまう。 草花の植生、歴史、それにちなんだ文学作品などを紹介する「花おりおり」。

才色兼備の娘を黒人の将軍オセロの策略で奪い取られると勘違いしたデズデモーナの父親がベニス公に訴え出た。 冒頭の2行のあとに続くのは次のことばである。

「折々のことば」の担当記者に聞く「ちょい読み」│「ちょい読み」から楽しむ│朝日新聞

ことば 折々 の ことば 折々 の

He robs himself who spends in bootless grief. [2015. 時には小さなしあわせをもたらしてくれることもあるような気がする。

いまは、これもまた真理のことばのひとつとして、こころに深く受け止めるようになっている。 本当に大切な言葉ほど、触れた人との関係の中で深化していきます。