松阪市図書館トップページ【松阪市松阪図書館と松阪市嬉野図書館のご案内】

図書館 三重 県立 図書館 三重 県立

盗まれたデータに含まれていたは氏名や、などで、貸出情報については別ファイルかつ資料番号のみだったので、誰がどんな本を借りていたかは特定できるものではなかった。 (昭和22年)7月の三重県議会でのは、県立図書館を総合的な文化施設とし、三重県における文化運動の中心とする構想を表明した。 (昭和36年)度の蔵書数は尾鷲が1,303冊、熊野が3,485冊で、閲覧者数は尾鷲が3,782人、熊野が9,554人であった。

15
(昭和20年)7月15日、疎開を終えて残った蔵書の閲覧業務を再開するも、夜ので建物を焼失 、19,000冊の図書を失った。 セット文庫室 - 読書会や学校図書館での利用を図るため、同一図書を10冊単位で所蔵。

三重県|三重県立図書館協議会委員を募集します

図書館 三重 県立 図書館 三重 県立

資料が所蔵されている主な文学者等は以下の通り。 館内には対面朗読室、用消毒室、郷土作家や郷土の文学を紹介する「文学コーナー」が設置され、コンピュータによる貸し出しと蔵書検索を提供し、県内4つの市町村立図書館、1つのの間でで結ばれた。 交通アクセス 公共交通機関• ステーションは(昭和40年)には94か所まで増加し、同年度の利用者は45,500人に及んだ。

山田万知代「表紙の人が使った図書館 津市津図書館&三重県立図書館」『あうる』第103号、図書館の学校、2011年10月、 10-13頁、。 【土曜日および長期休業期間】9:00~17:00 休館日• - (もり みちよ、(明治38年) - (昭和52年))小説家でもあった ・ 以下の情報は2018年11月現在のものです。

三重県|三重県立図書館協議会委員を募集します

図書館 三重 県立 図書館 三重 県立

AVブースの利用 AVブースを利用する場合は、カウンターで申込みをしてください。 資料研究室 文学コーナー を舞台とした『』の初版本など、三重県に縁のある文学者や文学作品に関する資料を所蔵、常設展示や企画展などを行っている。

5
1960年(昭和35年)度の蔵書数は51,866冊、閲覧者数は58,268人で、1965年(昭和40年)度の蔵書数は78,110冊、閲覧者数は76,904人で両年度とも蔵書数はに次ぐ県内第2位、閲覧者数は県内首位であった。

三重県立図書館

図書館 三重 県立 図書館 三重 県立

そして新規購入したものを含めた自館所有9,000冊、県立図書館への委託図書8,300冊の計17,300冊をもって1946年(昭和21年)8月に附属国民学校内で業務を開始、より閲覧業務を再開した。

2
最新情報は公式サイトをご確認ください。

三重県|三重県立図書館協議会委員を募集します

図書館 三重 県立 図書館 三重 県立

新館が開館した1994年(平成6年)は三重県の町村立図書館・図書室の開館ラッシュの年で、美里村文化センター図書室(現・)、香良洲町立きらめき図書館(現・)、多気町立図書館(現・)、阿児町立図書館(現・本館)、浜島生涯学習センター図書室(現・)が相次いで開館している。 貸出中の図書については、予約をすることができます。 (昭和53年)7月の郷土資料室開設 、(昭和59年)の巡回文庫再開、(昭和60年)の協力車巡回事業開始と関係図書コーナー開設を行い、利便性を向上させてきた。

本館所蔵の図書については、OPAC(利用者端末12台)で検索することができます。

三重県立図書館

図書館 三重 県立 図書館 三重 県立

『三重県教育史 第一巻』三重県総合教育センター 編、、1980年3月30日、1235頁。 『三重県教育史 第二巻』三重県総合教育センター 編、三重学校生活協同組合、1981年3月30日、1286頁。 絵と簡易な日本語に加え5つの言語が記されたものを用意しています。

7
また中央図書館指定を受けて県内の各図書館との結び付きができたことから、同年5月に三重県図書館協会を結成し、読書の普及と職員研修を推進した。