竹取物語『天の羽衣・かぐや姫の昇天』解説・品詞分解(1)

かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取 かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取

その成長の内容は、五貴人求婚譚のさらなる合時代的彫琢、日本国の帝王たる天皇の妻どいへの参入、求婚者とかぐや姫との和歌交換挿入(歌物語化)、十五夜昇天の細密化、後日談としての富士縁起付加、そして漢文からの和文化、以上の六点だと思う。

16
我をいかにせよとて、捨てては昇り給ふぞ。

竹取物語『なよ竹のかぐや姫/かぐや姫の生い立ち』現代語訳(1)(2)

かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取 かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取

大納言は、竜に懇願して命からがら逃げおおせました。

1
紀記のアメノウズメは天照大神のために手に笹を持って踊った。 また異所 ことどころにかぐや姫と申す人ぞおはしますらむ。

竹取物語

かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取 かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取

8 はなはだしい。

18
阿多(薩摩)隼人の移住地である。 立て籠め たる所の戸、すなはちただ開き に開き ぬ。

かぐや姫の嘆き 現代語訳・品詞分解

かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取 かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取

観月はどうかは知らぬが「月見」というものはある。 だいたい天皇は格下の貴族とちがって宝探しの冒険なんてしないから(宮中での仕事があるので、冒険に行けない。 天皇も不死に興味が無く、その薬を 士 つわもの たちに富士山で燃やさせる。

これを(私が)見て、(私は)船から降りて、「この山の名を、何というのですか。 この子いと大きになりぬれば、名を 三室 みむろ 戸 と 斎部 いむべ の 秋田 あきた を呼びてつけ さす。

竹取物語『なよ竹のかぐや姫/かぐや姫の生い立ち』現代語訳(1)(2)

かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取 かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取

これを読み下して和文化することが、まず行なわれたかと思う。

15
供の者に取らせようするがうまくいかず、自分で高所に登るが、足を踏み外して転落死する。 (さらに)「ここにいらっしゃるかぐや姫は、重い病気を患っていらっしゃるので、(外に)出ていらっしゃることはできそうもありません。

「竹取物語:天の羽衣・かぐや姫の昇天〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取 かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取

当然、これは竹の生育地域と重なる。

15
子供になってくださる人であるようだ。 」と(翁が)申し上げると、その返事はなくて、 屋(や)の上に飛ぶ車を寄せて、「いざ、かぐや姫、穢(きたな)き所に、いかでか久しくおはせむ。

竹取物語

かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取 かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取

風土記に記されているものを始め、パターンはいろいろですが全国各地に残されています。 何為に(なにしに)=副詞、(反語で)どうして~か(。 その際、原文のまま表記し、品詞名を示して適当な形に直して辞書を引くようにしてある。

2
「大納言大伴御行」• 竹や笹は、花が咲き実が成る種子植物なのである。

竹取物語[かぐや姫](原文・現代語訳:全巻)

かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取 かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取

天の羽衣 [ ] 月へ帰るかぐや姫 そして、ついに天人たちがかぐや姫を月に連れかえりに地上の翁の家にやってくる。 最高の美しさ。

13
大納言は、家臣を集めて、竜の頸の珠を取って来るよう命じた。

竹取物語『なよ竹のかぐや姫/かぐや姫の生い立ち』現代語訳(1)(2)

かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取 かぐや 姫 の 昇天 物語 竹 品詞 分解 取

男という男を誰彼構わずに呼び集めては、とても盛大な祝宴を催したのです。 9 勇ましく思っていた翁がものに酔った気持ちでうつ伏した理由は。

16
「聞く」の尊敬語。 す=使役の助動詞「す」の終止形、接続は未然形。