中国大返しを伝説にした情報戦と「足軽=トレイルランナー」説。

大 返し 中国 大 返し 中国

戦国史研究者のは、秀吉がの情報全般を入手するための使者を配置していた可能性を指摘している。

ただし、安土城と京の間の道路は軍用道路として整備されていましたから、他の道だとこうはいかないかと思います。 家康、に帰還。

【中国大返し】約10日で200kmを走破!?豊臣秀吉の大強行軍の概要

大 返し 中国 大 返し 中国

堺ではや豪商達の饗応を受けていたが、 6月2日の午前のうちに本能寺の変報を聞くと、と称してすぐさま堺を出奔し、その日は近江(滋賀県)に宿泊した(家康と別行動を取った穴山梅雪は山城で土民に殺された)。 、安土城は原因不明の出火によって焼け落ちた。 普通は篭城は援軍の当てがあって初めて篭城できるといわれ、援軍の当てのない時は攻め手に有利な戦いに見えますが、実は攻め手にも不安要素はあるのです。

1
近江の坂本城へ落ち延びる。 この段階では、秀吉・光秀の双方が互いの真意を探りつつ、意図的に風評を流すことも含めた情報戦を展開していたのである。

秀吉単独による中国大返し。そのトリックとは一体?

大 返し 中国 大 返し 中国

中国方面軍司令官である秀吉が大軍を率いて無傷で帰還したことで、それまで去就をためらっていた諸勢力が一気に秀吉方についたのであり、このことが山崎の戦いでの秀吉の大勝利につながった。 もっとも、この一夜城は森の中に城を作って完成してから城との間の木を伐採して城から見るとあたかも一夜で出来たように思わせる心理的な作戦でしたが。

『』などによれば、秀吉が光秀の死を確認したのは、この三井寺滞陣中のことであったとされている。 その後は信長公御子息を守立るが、天下を治める器量にはあらず。

中国大返し

大 返し 中国 大 返し 中国

おまけ:伝承1 中国大返しを実行するちょっと前の話。 実は秀吉が富田に到った12日、すでに光秀方の勝龍寺城に鉄砲を撃ちかけて、小競り合いを始めている部隊がいるのです。

1
畿内の有力諸将を味方につけてこれを編成した功績は秀吉にあり、秀吉が終始主導権を握ったのも自然の成り行きであった。

戦国時代の一大スペクタクル「中国大返し」の真相とは?光秀と秀吉の共通点も見えてきた | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

大 返し 中国 大 返し 中国

家臣を近江平定のために派遣。

19
そして、黒田官兵衛は「誠にご愁傷様でございますが、秀吉様が天下を治めるべきだと思います。

「中国大返し(1582年)」明智討伐に向けた秀吉軍団の大・大・大行軍はここがすごい!

大 返し 中国 大 返し 中国

一方、甲斐にあった河尻秀隆に対しては、徳川家康がこれを奪おうとして6月10日頃家臣を甲斐へ送り込んで退去を促した(武田旧臣を煽り一揆を起こさせたともいう)。 光成準治「高松城水攻め前夜の攻防と城郭・港」(『倉敷の歴史』18号、2008年)• 光秀は7日まで安土城にいた。

20
実際はおおよそ次のような行程ではなかったかといわれます。

秀吉が山崎合戦にこぎつけた強行軍「中国大返し」をわかりやすく歴女が解説

大 返し 中国 大 返し 中国

昭和初期の日本陸軍は1日24kmの行軍が基本だとか。 光秀は、変後は信長残党の捜索追捕と京の治安維持に当たったが、・の兄弟が守っていた(大津市)では、2日、山岡兄弟が光秀の誘いを拒絶し、瀬田城とを焼き落として抵抗の構えを見せた後、方面に避難した。

戦史上では、別段不可解な数値ではありません。